1. 医療情報の保管および配送サービス



概要

 各種資料があたかも自施設の隣の部屋にあるかのように、さらには資料を取り出し、
返却するスタッフが数多く確保しているかのような錯覚になり、自施設での資料保管よりも
本サービスを受けるほうが快適な環境出あることが最大の狙いです。
 また、各施設固有のナンバリングや、包装単位にそったオーダー画面を構築することで、
各ユーザーの業務推進とネットワークでのアクセスによる従来の出し入れ業務が迅速化し、
その労力が大幅に軽減を可能とします。
 こうした作業は、医療機関種類(大学病院、総合病院、衛生検査所等)によって保存形式が
大きく異なっています。私たち提供側(MOSS)はそれぞれのサービス内容を変更して、
各ニーズに答えています。


a)大学病院

 例えば大学医学部外科系教室の場合、多くの教室では放射線関連資料、病理関連資料共に独自で
管理し、それを医局補助員等で保管・取り出しを行っています。しかし、定期的に送られてくる
その資料の整理と検索は大きな問題となっています。実際、管理維持費に平均1千万円かかっています。
 一方、私たちのサービスによって、医局単位の研究費からのわずかな出費(およそ300万円)で
上記医療資料の保管・配送および資料リスト管理が完璧に行われます。


b)総合病院
 例えば病院放射線管理部門、病理担当部門の多くでは膨大な資料を保管する施設が中央管理と
されています。その結果、保管場所に窮している場合が多くあります。特に、東京、大阪のような
大都市では、新たな保管施設を作のに莫大な費用がかかります。
 一方、私たちのサービスによって、保管スペースの有効活用の幅が広がります。また、単位保管料制を
とることにより、ユーザーに目に見える詳細な価格設定となっています。さらに、
資料保管リスト作成業務も軽減されます。

資料

2. 医療機関臨床検査材料保管配送サービス3. 医療画像のデジタル化サービス4. 病理検査ブロック薄切・染色サービス5. 有休医療機器等の保管と配送